パソコンGPSニュース

パソコンGPSショップ のメールニュースです。

月に一度の割合で発行しています。
決してボリュームはありませんが、 パソコンGPSショップ
では扱っていないGPSレシーバの記事や、
あるいは、ニュースメールだけの特価品情報もあります。
配信を希望される方は、 こちらで お申し込み下さい。

第34号【2001/04/22】
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


              パソコンGPSニュース  第34号
          株式会社  システムプロデューサアソシエイツ


        【2001/04/22、発行部数:3472部】


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


みなさん、
こんにちは。


まもなくGWですね。もう、計画はお立てですか?


先日、某メーカの営業と話をしたのですが
やはり、この時期(3月〜5月)が、
携帯用GPSレシーバが一番良く売れるとのことでした。
弊社は、組込用GPSレシーバから携帯用GPSレシーバまで
幅広く扱っているので
そういった季節感は無かったのですが、
やはり、新緑には、GPSがよく似合うということなのですね。


それでは、
パソコンGPSニュースの最新号をお届けいたします。






■目次――――――――――――――――――――――――――――■
|1.業務用組込GPSレシーバ:GN−79新発売です。
|2.超レア物オークションに、伝説のIPS−5200が!
|3.PC用航海参考図が充実しました。
|4.【連載】わらちゃんのモバイルGPS入門
|
|
|

□組込用GPSレシーバとして広く採用されていた
|GN−77の後継機、GN−79が
|GPSプロショップから新発売です。
|
□またやってくれました、噂の仕入担当君
|今度は、伝説のIPS−5200が
|超レア物オークションに登場です。
|
□PC版の船舶用航海参考図として
|地道な展開を図っているPECに
|2地域が追加されました。
|
□わらちゃんのモバイルGPS入門
|eTrexSummitの海外での活用の最終回です。
|GW(ゴールデンウィーク)に間に合いました。ヽ(^o^)ノ
|
では、最後までごゆっくりとご覧下さい。






▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
1.業務用組込GPSレシーバ:GN−79新発売です。


業務用組込GPSレシーバとして、広く採用されていたGS−5、GN
−77の後継機、GN−79が新発売となりました。
http://www.rakuten.co.jp/gps/387357/409220/


GS−5、GN−77と「並列8チャンネル」を貫いて来たのですが
GN−79では、「並列12チャンネル」となっています。


実物を目にしてまず感じるのが、「小さいな〜」ということです。
GPS本体は、43×25mmということなので、ほぼ、10円玉を
2つ並べた大きさです。


本体を小さくすると、通常、メーカさんは、すぐに、電圧を下げたり
ケーブルコネクタやアンテナコネクタを特殊形状にしたりするのですが
GN−79では、電圧をDC5Vのままとし、ケーブルコネクタは、
GS−5と同じ(ピン配置は異なります)、さらに、アンテナ変換
ケーブルで、BNCコネクタのアンテナが使用できるようにしています。
パソコンGPSショップのお客さんにとっては、GOODではないで
しょうか。


但し、シールドケースは、片側がオープンになっています。
つまり、表から見るとケースに入っているのですが、裏から見ると中が
剥き出しになっているというわけです。
取扱には、充分注意が必要ですね。


出力は、これまでと同じNMEA−0183です。
デフォルト出力として
・DTMセンテンス
が追加されました。


DTMセンテンスを出力するGPSレシーバは、弊社の取扱では初めて
だと思います。
NMEA−0183の標準センテンスの一つで、現在設定されている
測地系を示します。


GN−79は、GPintセンテンスで出力するセンテンスの種類と
周期を設定できるのですが、DTMセンテンスだけは、他のセンテンスが
1つでも出力されると、それと共に出力され、他のセンテンスをすべて
止めると、DTMセンテンスの出力も止まるという仕掛けになって
いるようです。


測地系の種類は約250(425地域)備えています。

日本測地系の値も新しくなっています。


色々なところに、細かな配慮がされたGN−79。
今後の業務用組込GPSレシーバの方向性を知るには、貴重なGPS
レシーバといえるのではないでしょうか?
http://www.rakuten.co.jp/gps/387357/409220/






▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
2.超レア物オークションに、伝説のIPS−5200が!


またやってくれました、噂の仕入担当君。
超レア物オークションの為に、今度は、伝説のIPS−5200を
捜し出してきたのです。
http://www.rakuten.co.jp/gps/408555/409252/


といっても、最初、本人は、IPS−5000を捜してきたつもり
だったのです。


「はいよ、IPS−5000」といって、
出荷担当の某女史に渡したところ、
「あっ、コレ、IPS−5200ですよ」
「ウッソー、どれどれ・・・ウッソー!!」
というわけで、噂の仕入担当君は、「21世紀になっても、IPS−
5200を捜し出した男」として、新たな伝説を生むことになってしまい
ました。


ついているヤツというのは、どこにでもいるものですね。
仕入担当君、今度、僕のためにLOTOを買ってきて!!






####
今週の超レア物オークション
####
4月22日、24:00、eTraxVentureの入札締切です。
すでに、上限価格をオーバーしていますので、落札は抽選となります。
多数の御入札をいただきありがとうございました。
http://www.rakuten.co.jp/gps/408555/409064/


アクセサリ関係として
・HGR1用アウトドアジャケット
が出品されています。
これは、一般のショップでは販売されずに、メーカの通販でのみ入手可能
だったものですね。
SONYフリークの方は、必見です。
http://www.rakuten.co.jp/gps/408555/409250/






▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
3.PC用航海参考図が充実しました。


パソコン版の船舶用地図として地道な展開を図っている
・PC用航海参考図(PEC)
http://www.rakuten.co.jp/gps/394489/398043/407100/


に、新たに、
・伊勢湾および付近
・瀬戸内海東部
が追加されました。
世界測地系準拠、NMEA出力GPSレシーバ対応という特徴があります。


・瀬戸内海中部
・瀬戸内海西部
も開発中なのですが、今年の夏までにはなんとか発売したいとのこと
でした。



なお、汐見表は、別売となっています。






▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
4.【連載】わらちゃんのモバイルGPS入門


こんにちは、わらちゃんです。
今日は、eTrexSummitの海外での活用の最終回です。
GW(ゴールデンウィーク)に間に合いましたね。
良かった良かった...。ヽ(^o^)ノ




■狙い撃ちウェイポイント


eTrexSummitで目的地を設定する場合は、前号のHTさんのように、
事前に目的地の位置を調べ、ウェイポイントとして設定する方法が
一番オーソドックスな使い方だと思いますが、

観光地に行って丘の上に登ってみたら、遠くに立派な教会が見える、
「あ〜、あそこへ行ってみたいな」と思ったことはありませんか?


そんなときに使用するのが、狙い撃ちウェイポイント設定法です。
(正式には、Set'N Goといいます)。


これは、目的地にeTrexSummitを向けて磁方位をロック、後は距離を
入力すると自動的にウェイポイントが設定されるという、優れ物なの
です。


では、実際にやってみましょう。


(1)PAGEボタンを何回か押して、コンパス(ポインター)画面を
   表示します。
(2)ENTERキーを押して、「OPTIONS」リストを表示します。
(3)「Sight'N Go」を選択します。
   選択とは、▲あるいは▼ボタンを押して「Sight'N Go」を反転させ、
   ENTERキーを押す、でしたね。
(4)eTrexSummitを水平に保ち、(eTrexSummitの)照準マークを、
   遠く離れた目標に合わせます。
   照準マークは、eTrexSummitのお尻についている、白い縦線です。
   やっと、この線の使い方がわかりました・・・(^^。
(5)ENTERキーを押して、磁方位をロックします。


(6)ここで、「Set Cource」を選択すると、コンパス画面上に
   常に目的地までの方向が示されます。
   解除するには、ENTERキーを押して、「Stop Navigation」
   を、選択します。


どうですか?
目的地に向けてeTrexSummitを構え、方向をロックしたら、あとは
その方向に向かって進む、まさに「狙い撃ち」ですね。


更に、eTrexSummitには、ある地点がわかっていたら、そこからの
方向と距離で、次の目的地を設定するProject Waypointという機能が
あるのですが、これを、今までの「狙い撃ち」と組み合わせることが
できます。


つまり、目的地が見えており、そこまでの距離がわかっている場合は、
(5)に続けて、次のように操作します。


(7)磁方位をロックした後、「Project」を選択します。
(8)「PROJECT WAYPOINT」ページが表示されます。
(9)距離フィールドが反転しているので、「EDIT NUMBER」ページで
   目的地までの距離を入力し、OKを選択します。
(10)再び、「PROJECT WAYPOINT」ページに戻ってきました。
   ここで、[GOTO]を選択すると、目的地までのナビを開始します。
   また、[OK]を選択すると、ウェイポイントが保存されます。


どうですか?
ちょっとややこしいように思いますが、慣れればそれほどでもないような
・・・。
特に、目的地に磁方位を合わせ、その方向を常にコンパス画面に表示する
Set'N Goは、気軽に使えて重宝します。
狙い撃ちウェイポイントは、電子コンパスを内蔵したeTrexSummitなら
ではの機能だと思いませんか?




■海外での設定


最後に、海外に行った場合のeTrexSummitの設定についてまとめて
みましょう。


1.時間設定


[MENU]-[SETUP]-[TIME]
・TIME FORMAT(時刻形式)
 「12HOUR」(12時間制)
 「24HOUR」(24時間制)
 お好みで設定します。
 海外へ行ったときは、時差で昼夜がわからなくなることもありますので、
 24時間制にしておいた方が良いかもしれないですね。


・TIME ZONE
 「US-Central」・・・
 使う場所に合わせます。
 一般には、旅客機の中ではGPS等の電子機器の使用は禁止されているの
 で、旅客機を降りてからGPSを設定して下さいね。


 また、注意をしなければならないのは、外国には「サマータイム」
 (夏時間)が あることです。
 これをうっかり忘れると、"GPSの時計だから正確だ!"と思っていて、
 1時間遅れているのに気付かず、帰国の旅客機に乗り遅れてしまう
 なんてことがありますので要注意です。
 (実は、わらちゃんはそれで大慌てしたことがあります)


 eTrexSummitでの夏時間の設定は、次のように行います。
 上記と同じ「TIME」画面で以下を選択します。
・DAYLIGHT SAVINGS
 「AUTO」(自動)
 「YES」(夏時間である)
 「NO」(夏時間でない)
 ここを変更すると、夏時間の場合は、時刻の値が変わります。
 (「UTC OFFSET」の値は、そのままです)。




2.単位設定


さて、続いて単位設定です。
この設定は、絶対しなければならないと言うものではありません。
でも、アメリカに行った時は、道路標示なんかがマイル表示ですので、
キョリ設定はマイルにしたほうが良いですね。
そんな風に、使う場所/用途でこの設定は変えます。それでは、変更する
時のポイントです。


[MENU]-[SETUP]-[UNITS]
・POSITION FORMAT(位置形式)
 「hddd°mm.mmm」(度分)
 「hddd°mm'ss.s」(度分秒)
 参照する地図に合わせます。
 地図を見てGPSと比較して自分がどこにいるかとか、地図の位置から
 GPSにウエイポイントを登録する時に関係します。
 普通は、「経緯度(Lat/Lon)」と呼ばれる度数で表示するものが普通で、
 度分/度分秒と言う風に桁数を表示したりします。
 世界地図なんかを見てもほとんどこの表示ですので、普通はこれで良い
 ですね。度分/度分秒のいづれかは、地図の表示で確認してください。


 ところが、世の中は経緯度ばかりの表示ではなくて、スイスアルプスに
 登ろうと思うと、スイスの山の地図は基準点を定めて 666 270/
 212 290と言うようにm精度で位置を表示していたりしますので、
 そんな時は「Swiss Grid」に合わせないと、地図からウエイポイントを
 GPSに登録しようとしても出来ません。
 そんなわけで、GPSと地図を参照しあう場合は地図に記載されている、
 位置形式(Coordinate)と合わせるようにします。


・MAP DATUM(測地系)
 「TOKYO」・・・
 参照する地図に合わせます。
 測地系は、地球が完全な楕円体ではなく、所により歪んでいるので、
 補正するためのものです。
 考え始めると夜も眠れなくなりますので、位置形式の時と同じように、
 GPSと地図を参照しあう場合は地図に記載されている、測地系
 (Datum)に合わせるようにします。
 良く解らなかったら世界基準の「WGS84」を選ぶと良い場合もあります。


・DISTANCE/SPD(距離・速度)
 「NOUTICAL」(海里)
 「STATUTE」(マイル)
 「METRIC」(メートル)
 用途によって変えます。
 日本ならメートル、アメリカならマイル、海ならカイリですね。
 ときおり、マイル表示にしておいて、車で100マイル/時で走って、
 「日本より、早く感じる」なんて言う人がいますが、100マイルは、
 メートル換算では、約160Km(!)ですので、ちゃんと頭の中で計算して
 くださいね!


・ELEVATION/VSP(高度・速度)
 「FEET」(フィート)
 「METERS」(メートル)
 用途によって変えます。
 日本ならメートル、アメリカならフィート、空ならフィートです。


・PRESSURE(気圧)
 「MILLIBARS」(hPa:ヘクトパスカル)
 ほとんどこれで良いはずです。


さて、これで、海外で使う時の設定は終わりです。
設定の基本は
「使う場所で参照する物があるときは、それに合わせる」
です。
そのことに注意していれば大丈夫ですね。


さぁ、GW(ゴールデンウィーク)はGPSをもって海外遊びに行こう!
わらちゃんでした。






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★☆★         愛読者マーケット         ★☆★


パソコンGPSニュース愛読者の方だけのための、マーケットです。
http://www.rakuten.co.jp/gps/402121/402952/


ユーザ名:****
パスワード:****
で、お入り下さい。






▼――――――――――――――――――――――――――――――▼
パソコンGPSニュースへの投稿や、GPSを利用したシステムのご紹
介等を募集しております。
お気軽に、ご連絡下さい。
【ご連絡先】
パソコンGPSニュース編集部
gps@spa-japan.co.jp






▼――――――――――――――――――――――――――――――▼
このメールは、弊社にご注文やお問い合わせをいただいたお客様、あ
るいは、以下のメルマガ発行システムでご購読を登録いただいたお客
様にのみ、お送りしております。
・マグマグ        http://www.mag2.com/
・Pubzine  http://www.pubzine.com/
・マッキー        http://macky.nifty.com/


このメールが不要なお客様は、お手数ですが、件名に「停止」と書い
て、このメールにご返信下さい。
なお、メルマガ発行システムで登録されたお客様は、こちらからは、
解除できませんので、申し訳ありませんが、以下のページで、購読の
解除をお願いいたします。
http://www.spa-japan.co.jp/News/Index.html






■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
           株式会社システムプロデューサアソシエイツ
                   パソコンGPSショップ
                パソコンGPSニュース編集部
    〒141−0032 東京都品川区大崎3−6−31,501
              TEL:03−5759−2570
              FAX:03−5759−2577
                 http://www.spa-japan.co.jp/
              E−mail:gps@spa-japan.co.jp
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


パソコンGPSショップ
株式会社 システムプロデューサアソシエイツ
〒141-0032 東京都品川区大崎3-6-31,501
TEL:03-5759-2570,FAX:03-5759-2577
E-mail:gps@spa-japan.co.jp

Up Home Next