パソコンGPSニュース

パソコンGPSショップ のメールニュースです。

月に一度の割合で発行しています。
決してボリュームはありませんが、 パソコンGPSショップ
では扱っていないGPSレシーバの記事や、
あるいは、ニュースメールだけの特価品情報もあります。
配信を希望される方は、 こちらで お申し込み下さい。

第27号【2001/01/25】
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


               パソコンGPSニュース  第27号
           株式会社  システムプロデューサアソシエイツ


         【2001/01/25、発行部数:3056部】


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


みなさん、
こんにちは。


すっかり寒くなりましたね。
先週は、弊社の出荷センターのある、温暖な千葉県館山市にも
雪が降りました。
数センチ積もっただけなのですが、雪になれていない土地であるため
みんな、おそるおそる歩いていました。
(なにしろ、館山市では、コートを着ている人を見ることが、
ほとんどない位なのです)


みなさんのところは、いかがですか?


それでは、
パソコンGPSニュースの最新号を、お届けいたします。






■目次――――――――――――――――――――――――――――■
|1.新春蚤の市、最後のチャンスです。
|2.スーパーマップルデジタル、新発売!!
|3.eTrex、車載用ホルダースタンド発売開始しました。
|4.【連載】わらちゃんのモバイルGPS入門(3)
|
|
□新春蚤の市、皆様のご要望にお応えし、
|アンコールオークションを行っております。
|今回はクローズド形式なので、1円からの御入札が可能。
|「NMEA出力フォーマットブリーフノート」をゲットする
|チャンスです。
|
□あのマップルライフプロ98が
|スーパーマップルデジタルとして、新発売されました。
|
□eTrexを車や船舶に搭載したい方に朗報です。
|お待ちかね、専用ホルダースタンドが登場しました。
|
□好調、わらちゃんのモバイルGPS入門。
|第3回目は、eTrexSummitに挑戦です。


では、最後までごゆっくりとご覧下さい。






▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
1.新春蚤の市、最後のチャンスです。


激烈な戦いが繰り広げられた、2001年新春蚤の市。
逆転につぐ逆転、ラスト1分の手に汗を握る攻防と、オークションの
醍醐味を堪能された方も多いのではないでしょうか?
御入札に参加いただきましたみなさん、ご苦労様でした。
そして、ありがとうございました。


さて、みなさんからの強いご要望をいただき、HGR3のアンコール
オークションを、行っております。
http://www.rakuten.co.jp/gps/405356/405774/


今回の特徴は、クローズド方式という点です。
クローズド方式の場合、入札価格が公表されないので、いつでも1円
以上の入札が可能となります。


もちろん、御入札いただいた方全員への「eTrexNMEA出力フォ
ーマットブリーフノート」プレゼントも、継続しております。


今度こそ、HGR3を落札しようと燃えているアナタ、あるいは、NM
EAの資料が欲しかったのだけど、前回、入札に参加するスキを見つけ
ることができなかったアナタ、最後のチャンスです。
どうぞ、奮ってご参加下さい。入札締切は、1月31日午前9時です。






▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
2.スーパーマップルデジタル、新発売!!


ベクトルデータを使用し、紙地図に負けない画質で人気のあった、マッ
プルライフプロ98が、スーパーマップルデジタルとして、新発売され

ました。
http://www.rakuten.co.jp/gps/394489/398004/405597/


画質の良さは相変わらずですが、何といっても今回の特徴は、1/5万
の詳細なレベルで、日本全国を網羅した点ではないでしょうか?
他の主要なデジタル地図が、ほとんど1/20万レベルであることを考

えると、これは特筆ものだと思います。


対応GPSレシーバの種類も多く、弊社において
・IPS−5200 
・GM−38:マーキュリー 
・eTrexシリーズ 
・GPS−315 
・GPS−65EZ 
・MAP21 
・ジュピター 
・GT−77 
・GPS−2000ZZ 
での動作を確認いたしました。


WindowsMeにも対応し、ルート検索も備えたスーパーマップル
デジタル。皆さんもいかがですか。
(なお、GPSを使用した場合、軌跡の保存機能はありませんので
ご注意下さい)。






▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
3.eTrex、車載用ホルダースタンド発売開始しました。


eTrexシリーズの新アクセサリとして、車載・船舶用のホルダー
スタンドが追加されました。
http://www.rakuten.co.jp/gps/384691/404796/#ETREXSTN


自転車用取付金具と同じように、eTrexの裏蓋に取り付け、台座
を両面テープで、ダッシュボードに留めます。


角度や方法を自由に変えられ、ワンタッチで取り外せるレバーも付い
ています。


あなたの愛車のダッシュボードに、キュートなeTrexをちょこん
と置く。ウ〜ン、なんと21世紀的?






▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
4.【連載】わらちゃんのモバイルGPS入門(3)


こんにちは、わらちゃんです。
お正月はGPSを持ってどこかへ遊びに行きましたか?


さて、今回は話題のeTrex Summitに挑戦してみましょう。
eTrex Summitは、パソコンGPSショップでも、2001年スタートダッシュ
特価と銘打って大セール中ですね。
http://www.rakuten.co.jp/gps/384691/391123/#ETREXSUM


本場アメリカでも、250$位ですから、パソコンGPSショップのあの価格
には、わらちゃんも正直いって、ビックリです。
(ヨイショ、ヨイショ...(/^^)/)






■eTrex Summitの特徴
eTrex Summitは、eTrexとどこが違うかというと、これはもう今さら
いうまでもないのですが、


1.電子コンパスが付いている
2.気圧高度計が付いている
3.軌跡の保存点数が1.5倍になった


の3点に尽きるかと思います。


●電子コンパス
皆さんもご存知のように、GPSレシーバは、方位に関していえば、進行
方向しかわかりません。つまり止まってしまうと、方向がわからないと
いうのが、正しい姿です。


でも、普通は、方向を調べるときには、止まってからGPSレシーバを見
ますよね。車でも、「走行中はナビシステムを見ないように」という
注意書きが必ずあります。


方向を見たいけれど、止まらないと見えない。
でも止まってしまうと、方向がわからない。
これは、大いなるジレンマです。


このジレンマを、eTrex Summitは、見事に解決しています。
立ち止まり、おもむろにeTrex Summitを取り出し、画面を見る。
ちゃんと目的地の方向を示しています。
eTrex Summitをちょっと回転させると、方向を示す矢印もそれにつれて
回転します。
初めてその動きを目にしたとき、ジーンと感激してしまいました。


●気圧高度計
次に、高度計です。


GPSレシーバは、高度についていえば、一般に水平方向より約1.5倍位
精度が悪いのです。
現在のGPSレシーバの精度は、約10mといわれていますから、高度は、
約15mの精度となります。
チョット条件が悪いと、水平方向が30m精度位になりますから、この
場合は、高さが45m精度ということになりますね。


GPS衛星は、地球から約2万kmの高さを飛んでいるので、それから比べる
と、15mや45m精度というのはすごいなと思うのですが、人間は贅沢な者
で、もっと精度が良くならないかと不満に思います。


そこで、eTrex Summitは、気圧高度計を内蔵することにしました。
これにより、高度精度は、約3mになります。
分解能は、なんと30cm!!


単位をフィートにして、床に置いたeTrex Summitを持ち上げると30cm
ほどで、1フィート高度が増えるのがわかります。
これも、初めて目にしたとき、ジーンと感激してしまいました。


●軌跡の保存点数
eTrex Summitは、軌跡の保存点数が、eTrexの1.5倍の、3000点となり
ました。
この量は、わらちゃんの経験からいうと、ほぼ、1日(8時間)の徒歩の
軌跡量に相当します。


内蔵されているアルカリ電池も約8時間持つので、ハイキングや登山で、
利用するのに丁度良いですね。


軌跡の保存形式が「自動」なので、必ずしも1日分入り切らない場合も
ありますが、測位感度や持ち歩きの手軽さで、ほとんどストレスを感じ
ないeTrex Summitは、行程記録機(データロガー)として大変重宝して
います。
(この話題は、また後日、改めてお話ししたいと思います)。


こんな感激物のeTrex Summit、一度は使って見たいですね。
でも、eTrex Summitを使って、正しい測位結果を得るには、少しコツ
があるのです。
今回は、この話をしましょう。






■eTrex Summitの設定


最初は、eTrex Summitの基本的な設定です。
ここで、設定したい項目は、次のとおりです。
1.単位
 (1)位置形式:度分秒とする
 (2)測地系:日本測地系とする
 (3)高度単位:メートルとする
 (4)気圧単位:ヘクトパスカルにする
2.時間
 (1)時間帯:日本時間とする
3.システム
 (1)GPS:ノーマル
 (2)コンパス:ON
 (3)高度計:自動調整


それでは、1つずつ説明していきます。


●単位設定
単位のデフォルトは、欧米流になっているので、我々日本人にはちょっ
となじみのないものです。
そこで、これを日本化してみましょう。


「MENU」-「SETUP」-「UNITS」
(1)[PAGE]ボタンを何回か押して「MENU」画面を表示します。
(2)「SETUP」を選択し、「SETUP」画面を表示します。
   ここで、選択というのは、▲▼ボタンを何回か押して、目的とする
   ものの上にカーソルを合わせ、[ENTER]ボタンを押す
   ことをいいます。
(3)「UNITS」を選択し「UNITS」画面を表示します。


・POSITION FORMAT(位置形式)
 「hddd°mm.mmm」->「hddd°mm'ss.s」
 「度分」を「度分秒」とします。


設定の方法は、
(1)POSITION FORMATの下の窓が黒く反転していることを確認します。
(2)[ENTER]ボタンを押します。
(3)「hddd°mm'ss.s」を選択します。
   選択の方法は、さっきやりましたね。


同じようにして、他の設定も変えていきましょう。
・MAP DATUM
 「WGS-84」->「TOKYO」
 測地系を、世界測地系(WGS-84)から、日本測地系(TOKYO)に
 変えます。


 最近の地図ソフトには、MapFanV
http://www.rakuten.co.jp/gps/394489/398004/398081/
 や、スーパーマップルデジタル
http://www.rakuten.co.jp/gps/394489/398004/405597/
 のように、世界測地系のままでも良い物があるので

 この場合は、必要ないですね。


・DISTANCE/SPD
 「STATUTE」->「METRIC」
 距離・速度を、マイル(STATUTE)から、メートル(METRIC)に変えます。
 (海の関係の方は、NAUTICAL:海里を選ぶ方が良いかもしれません)。


・ELEVATION/VSP
 「FEET」->「METER」
 高度を、フィートから、メートルに変えます。
 (エアの関係の方は、やっぱりフィートですか?)


・PRESSURE
 「INCHIES」->「MILLIBARS」
 気圧を、水銀柱高さ(インチ)から、ミリバール(=hPa:ヘクトパスカル)
 に変えます。


 以上で、ほとんどの単位を変えました。
 日本と欧米の文化の違いを感じますね。




●時間設定
次は、時間帯の設定です。


「MENU」-「SETUP」-「TIME」
先ほどと同じように、「SETUP」画面の中に「TIME」があるので、それを
選択し、「TIME」画面を表示して下さい。


・TIME ZONE(時間帯)
 「US Central」->「TOKYO」
 時間帯を、米国時間から日本時間に変更します。


設定の方法は、
(1)▲▼ボタンを何回か押して、「TIME ZONE」の下の窓を黒く反転
   させます。
(2)[ENTER]ボタンを押します。
(3)「US Central」の少し上に「TOKYO」があるので、それを選択
   します。


「TIME ZONE」を変えると、「TIME」画面の「UTC OFFSET」(時差)
も、自動的に「+09:00」(9時間)に変わるので、これも確認しておいて
下さい。


設定が終わったら、[PAGE]ボタンを何回か押して、元の表示に戻して
おきましょう。


●システム設定
さて、最後は、システム関係です。
結論からいうと、ここは、すべてデフォルトのままでOKです。
一応、念のために、次のようになっているか確認して下さい。


「MENU」-「SETUP」-「SYSTEM」


・GPS(GPSの動作モード)
 「NORMAL」(通常)
・COMPASS(電子コンパス)
 「ON」(使用する)
・ALTIMETER(高度計)
 「AUTO CAL ON」(自動校正する)
・PRESSURE(気圧)
 「NORMALIZED」(高度で正規化する)
・LANGUAGE
 「ENGLISH」(英語)
 (日本語が無いのが残念?)


この中で特に重要なのは、気圧高度計と電子コンパスに関係した部分
です。
これについては、次回に、もう少し詳しくお話ししたいと思います。
では、またお会いしましょう。
わらちゃんでした。






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★☆★         愛読者マーケット         ★☆★


パソコンGPSニュース愛読者の方だけのための、マーケットです。
http://www.rakuten.co.jp/gps/402121/402952/


ユーザ名:****
パスワード:****
で、お入り下さい。






▼――――――――――――――――――――――――――――――▼
パソコンGPSニュースへの投稿や、GPSを利用したシステムのご紹
介等を募集しております。
お気軽に、ご連絡下さい。
【ご連絡先】
パソコンGPSニュース編集部
gps@spa-japan.co.jp






▼――――――――――――――――――――――――――――――▼
このメールは、弊社にご注文やお問い合わせをいただいたお客様、あ
るいは、以下のメルマガ発行システムでご購読を登録いただいたお客
様にのみ、お送りしております。
・マグマグ        http://www.mag2.com/
・Pubzine  http://www.pubzine.com/
・マッキー        http://macky.nifty.com/


このメールが不要なお客様は、お手数ですが、件名に「停止」と書い
て、このメールにご返信下さい。
なお、メルマガ発行システムで登録されたお客様は、こちらからは、
解除できませんので、申し訳ありませんが、以下のページで、購読の
解除をお願いいたします。
http://www.spa-japan.co.jp/News/Index.html






■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
           株式会社システムプロデューサアソシエイツ
                   パソコンGPSショップ
                パソコンGPSニュース編集部
    〒141−0032 東京都品川区大崎3−6−31,501
              TEL:03−5759−2570
              FAX:03−5759−2577
                 http://www.spa-japan.co.jp/
              E−mail:gps@spa-japan.co.jp
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


パソコンGPSショップ
株式会社 システムプロデューサアソシエイツ
〒141-0032 東京都品川区大崎3-6-31,501
TEL:03-5759-2570,FAX:03-5759-2577
E-mail:gps@spa-japan.co.jp

Up Home Next