パソコンGPSニュース

パソコンGPSショップ のメールニュースです。

月に一度の割合で発行しています。
決してボリュームはありませんが、 パソコンGPSショップ
では扱っていないGPSレシーバの記事や、
あるいは、ニュースメールだけの特価品情報もあります。
配信を希望される方は、 こちらで お申し込み下さい。

2000.5.23号
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


         パソコンGPSニュース  2000/05/23号
           株式会社  システムプロデューサアソシエイツ


             【通巻:13号、発行部数:1603部】


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


みなさん、
こんにちは。
あの、SAが解除されました。


突然の発表で、せっかくのGWはどこかへ行ってしまい、
情報の収集や対応策の検討など、てんやわんやの一週間でした。
2000年5月は、GPS新世紀の始まりとして、
長く記憶されることでしょう。
みなさんのところは、いかがでしたか?


さて、SA解除後初の、パソコンGPSニュースを
お届けいたします。






■目次――――――――――――――――――――――――――――■
|1.2000年5月2日 SAが解除されました。
|2.SA解除。DGPSはどうなる?
|3.SA解除はいつ? 解除時刻のミステリー
|4.SA解除で、IPS−5200神話再び
|5.SA解除記念、新製品情報
|6.【連載】小林さんのGPS日記(9)
|
|
|
□やはり、本号は、SA解除特集でしょう。
|SA解除になり実際はどの位の精度になったのか、
|DGPSへの影響はどうかを、真面目に検証します。
|
□SA解除で1つ不思議なのは、解除時刻の発表が2種類あること。
|いったいどっちですか?
|
□様々な神話を持つ、パソコンGPSの名機「IPS−5200」。
|SA解除で、新たにもう1つの神話を付け加えました。
|
□SA解除時代を迎え、パソコンGPSショップもすばやく対応しています。
|「小さいことから、コツコツと」ということで、ささやかながら
|幾つかの値下げと、新商品の御提供を始めました。
|
□小林さんも、SA解除で興奮気味です。
|第9回目を迎えた「パソコンGPS日記」。今回も好調です。
|
|では、最後までごゆっくりとご覧下さい。






▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
1.2000年5月2日 SAが解除されました。


2000年5月2日13:00(日本時間)、SAが解除されました。


GPS衛星は、米国国防総省が運用していますが、軍事上の理由から、
わざと精度を落とすために、SAを混入していました。


5月1日、米国のクリントン大統領が、このSAを解除すると発表し、
その実施が、確認されたものです。
これにより、単独測位の場合でも、従来、100m(95%確率)であ
った精度が、約10倍向上するといわれます。


さて、実際は、どの程度向上したのでしょうか?
電子航法研究所の坂井さんという方が実験した結果では、従来、95%
確率で36mであった精度が、5.6mに向上したという発表をされて
います。
http://www.enri.go.jp/sat/saoff.htm


上記は、かなり高価なGPSレシーバを使用されている例ですが、普及
型のGPSレシーバの場合でも、10m精度にはなっているという例が
色々な方から報告されています。


弊社がメーカから収集したところでは、
【ジュピター】が、
・位置精度 1σ=7.08m
・高度精度 1σ=9.62m


【GM−38】が、
・位置精度 1σ≒6m
・高度精度 1σ≒8m


というデータです。
いずれも、定点で24時間観測した結果です。
普及型GPSレシーバでも、95%確率で6.3mという精度を出して
いるGPSレシーバもあるということで、今後も更に、情報収集を進め、
みなさんにご報告させていただきたいと思います。
なお、σは標準偏差であり、これを2倍すると、95%確率になるそう
です。






▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
2.SA解除。DGPSはどうなる?


SA解除で気になるのが、DGPSへの影響です。
ご承知のように、DGPSは、SAによる精度劣化の解消を主な目的と
して開発されました。
「SAがなくなったら、DGPSはいらなくなるの?」という疑問が、
湧いてきます。


GPSの精度に影響を与える劣化要因は、「GPSシンポジウム99」
の資料によれば、以下のように分類されています。


・衛星位置の誤差
・衛星の時計誤差

・電離層伝搬誤差
・対流圏伝搬誤差
・マルチパス
・受信機固有の誤差
http://www.rakuten.co.jp/gps/366951/


さて、SAは、
・イプシロンプロセス:衛星位置を揺らがせる
・デルタプロセス  :衛星の時計情報を揺らがせる
という2つの方法で行うことができ、現実には、デルタプロセスを実施
して、精度を劣化させてきた、といわれています。
つまり、SAが解除されることにより、2番目の「衛星の時計誤差」が
改善されます。


それに対して、DGPSは、上記の要因のうち、衛星位置の誤差〜対流
圏伝搬誤差までの4つを改善するとされています。
ということは、SA解除後のGPS測位においても、DGPSで精度を
向上させることができるということになります。


FM多重によるDGPS情報を供給している「(株)衛星測位情報セン
ター」(GPex)では、SA解除後のDGPSで、誤差が約1mにな
ることを確認したとの発表を行いました。
これは、SA下で、DGPSにより精度が10倍向上したものが、SA
解除下でも同様であるという主張です。
http://www.gpex.co.jp/


実験の詳細がわからないので何ともいいようが無いのですが、現実的に、
色々な方の報告を伺うと、現在のDGPSによる精度は、単独測位によ
る精度の2倍〜3倍というのが、妥当な値のようです。
つまり、95%確率で5m以下の精度が必要な場合は、DGPSを検討
する価値がある、ということになるようです。






▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
3.SA解除はいつ? 解除時刻のミステリー


SA解除のニュースを追っかけていると、1つの面白いことに気が付き
ました。
それは、SA解除の時刻が、一般のマスコミ報道によると「5月2日午
前9時」となっているのに対し、GPS研究者の間では、「5月2日午
後1時」となっているのです。いずれも、日本時間です。
その差、4時間。
「時差でもないし、何なんだ、これは〜〜」ということで、少し調べて
みました。


結論としては、「5月2日午後1時」が正解のようです。
前出の、電子航法研究所の坂井さんのHPでも、午後1時5分頃からS
Aが解除され、精度が向上したことが確認できます。
http://www.enri.go.jp/sat/saoff.htm


一体どこで、このような違いが出てきたのでしょうか。
クリントン大統領のホワイトハウス声明では、
「at midnight tonight」(今晩の真夜中からSAを停止)といっていま
す。
http://www.navcen.uscg.mil/gps/policynotes/SA.htm


ホワイトハウスの真夜中とは、米国の東部標準時の0時、つまり、世界
標準時の4時。どうもこれが、原因のようですね。


本当は、米国の東部標準時の0時のハズを、誰かが、世界標準時の0時
と勘違いして記事を書いた。後は、皆がそれを孫引きしているだけなの
で、日本時間で午前9時というニュースがあっという間に広まった..。


わかってしまえば、ミステリーというにはあまりにお粗末な「伝言ゲー
ムもどきの怪」でした。







▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
4.SA解除で、IPS−5200神話再び


西暦2000年にSAが解除、ということで思い出されるのが、やはり
IPS−5200のことです。


SONY社のIPSシリーズは、パソコンGPSの名機といわれながら
なぜか、DGPSには、対応していませんでした。
数年前、DGPSの環境が、中波、FM多重波と、どんどんと出来上が
り、新たに発売される他社のGPSレシーバが、ほとんどDGPS対応
となる時でも、IPSシリーズはDGPS化の動きがありませんでした。


IPS−5000がバージョンアップされるというので、気になり、D
GPSに対応しないのかと、何度か問い合わせたことがあります。
そのたびに返事は決まって
「西暦2000年までには、SAは解除されるので、必要ありません」
というものでした。


当時の、というより、今年の4月末日までのGPS業界の常識は、「S
A解除は、2006年から」というものでしたから、これには、内心、
心配になったものです。


その後、出たきたのが、2衛星測位のIPS−5200。
「確かに、単独測位ではすばらしいけれど、DGPS時代を迎えて、こ
れからどうするのだろう」というのが、正直な感想でした。
SONYさんの神通力も、もはやここまでか!!


ところがどっこい、予言どおり、2000年5月、SA解除の劇的な日
を迎えたのです。
これを神話といわずして、いったい何を神話というのでしょうか?
Heaven knows!!


ところで、その御神託を賜った、SONY社の技術者の方は、今どこに
...。






▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
5.SA解除記念、新製品情報


SA解除時代を迎え、パソコンGPSショップも、クリントン大統領に
対抗して、すばやく対応しています。
名付けて「小さいことから、コツコツと」大作戦。


まず、一部の単独測位用パソコン接続ケーブルを値下げしました。


・IPS−5200+パソコン接続ケーブルキット
 ¥34,800 → ¥33,800【特別販売価格】
・IPS−5200用パソコン接続ケーブル
 ¥9,800  → ¥6,800【特別販売価格】
http://www.rakuten.co.jp/gps/364783/364787/


・ジュピター用パソコン接続ケーブル
 ¥12,800 → ¥9,800【特別販売価格】
・ジュピター用パソコン接続ケーブル変更
 ¥9,800  → ¥6,800【特別販売価格】
http://www.rakuten.co.jp/gps/387357/387363/387706/


次に、DGPSが当たり前とばかりに(...メンゴ)、単独測位用が
無かったGPSレシーバに、単独測位用のパソコン接続ケーブルを用意
しました。
DGPSがない分だけお安くなり、お求め易くなっております。


・GPS65EZ用パソコン接続ケーブル(単独測位用)
 ¥6,800
http://www.rakuten.co.jp/gps/385104/385107/385242/#GPS65CAB


・GT−77用パソコン接続ケーブル(単独測位用)
 ¥16,800
・GT−77用パソコン接続ケーブル変更(単独測位用)
 ¥13,800
http://www.rakuten.co.jp/gps/387357/390207/390210/#GT77CAB


最後に、主に海でお使いのお客様向けに、GPS65EZの船舶用アク
セサリを充実させました。
これは、SA解除に全然関係ないじゃ無いか!!、というには、さにあ
らず。
何と、GPS65EZこそ...(待て、次号以降の発表を)。


・GPS65EZ用防水ケース
 ¥2,500
http://www.rakuten.co.jp/gps/385104/385107/385108/#GPS65CASWAT


・GPS65EZ用外部アンテナ(延長用)
 ¥19,800
・GPS65EZ用アンテナ延長ケーブル(10m)
 ¥12,800
・GPS65EZ用アンテナ延長ケーブル(20m)
 ¥19,600
・GPS65EZ用アンテナ延長ケーブル(30m)
 ¥26,400
http://www.rakuten.co.jp/gps/385104/385107/385244/#GPS65ANTEX


余談ですが、上記の内、GPS65EZ用防水ケースは、多少、ブカブ
カしますが、eTrexでも使用できます。


今後も、【祝SA解除】の「小さなことから、コツコツと」大作戦を続
けてまいりますので、ご期待下さい。






▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
6.【連載】小林さんのGPS日記(9)


!!! SAが無くなった? !!!


5/2、いつものようにハンディGPSをつかっていると、なぜかその雰囲
気が違うことに気がつきました。
普段は止まった状態でも、いつのまにか現在位置がスッと流れてしまい
ますが、今日に限ってピッタリ落ち着いています。
あれ?と思っていましたらSA(SELECTIVE AVAILABILITY)が解除された
というニュースを目にしました。ブラボー\(^^)/


このSAですが、湾岸戦争の際に一時無くなったということで、当時GPS
を使っていた人の話から「有事」になると解除されるといった噂話が増
えたようです。
しかし、実際にその後SAが解除されたのは、公式には1回しかないら
しいとのことで、真相は不明です。


ともかく、クリントン大統領、SA解除をありがとうございました。


興奮がさめやらぬまま、ハンディGPSの出力をプロアトラスのGPSドライ
バで、どの程度の精度を示すか観察してみました。
1時間ほどの測定ですが、2drmsが7.5m。
えっ! SA下のDGPSより良いではないですか!!
車で走ってみましたが、プロアトラスの地図上にまるでマップマッチン
グ&DGPSをかけたようにピッタリと沿って軌跡が残ります。
SAが無くなる意味がこれほどあったとは思いませんでした。


ところで、SAによってハンディGPSの位置がふらふらしたり、電子地図
に表示させると道が違っていたりするので、これを無くすために、DGPS
についていろいろと調べ、機器を準備してきましたが、無駄になってしま
うの??という思いも同時にこみ上げてきました。


そこで、DGPS有無による差がどうなるか確認してみました。
1時間程の観測ですが、DGPS状態で4.5mという数値が得られました。
DGPSはまだ効果がありそうです。しかし、この程度の差では、普段の私
の使い方では必要はないと思いました。
ただ、高度方向について数値を観察していたら、DGPS有りの変動がより
小さく感じましたし、DGPS有りの方が数値としてはより高い精度を示し
ましたので、DGPSの効果はまだあると感じました。
GPS受信機をいまよりワンランク上にしてDGPSすれば1m以下の精度も簡単
に..かも、知れませんね。


しかし、DGPS関連の機器メーカや販売店はショックでしょうね。SPAさん
も大丈夫かな?
=>編集部割り込み ここから==
=>まったく、影響は無いとはいいませんが...(;;
=>でも、GPSレシーバ自体の販売が大幅に伸びているので、大丈夫
=>です。
=>ご心配いただき、ありがとうございました。m(__)m
=>編集部割り込み ここまで==



なお、同僚のカーナビ所有者にSA解除の話題を持ち出しましたが、?
?っといった反応でした。
やはりカーナビは、自律航法やマップマッチングなど地図との見かけ上
の精度向上が計られているため、SA解除の恩恵をあまり感じないので
しょう。


◇◇◇ パソコンGPSガイドブックU ◇◇◇


5/15、書店に立ち寄ると、真っ赤な車をバックに艶かしい足、手に
はなぜかeTrexというなんとも変わった表紙が目に飛び込みました。
書名を確認すると、「パソコンGPSガイドブックU」です。


パソコンGPSガイドブック'97という本があったのですが、出版社が倒産
したとのことで絶版になり、その後、パソコンGPSのまとまった本はあり
ませんでした。


それが、いよいよ発売になったのです。
今回、書店でぱらぱらと見て、即買って帰ったことはいうまでもありま
せん。
SA解除の話はさすがに書かれていませんでしたが、ハンディGPSの使い
方や、SPAさんで扱っているジュピター,GM-38,デジタルバード,GPS-3
15などなど、情報満載です。


電子地図ソフトですが、カシミール3DとMapBrothersについて興味が出て
きましたので、これから国土地理院の数値地図をいくつか揃えてみたい
と考えています。


では、また次回にお目に掛かりましょう。


(ご意見やご感想のある方は、パソコンGPSニュース編集部気付で、
お願いします。待ってま〜〜す)


[小林  一]






▼――――――――――――――――――――――――――――――▼
パソコンGPSニュースへの投稿や、GPSを利用したシステムのご紹
介等を募集しております。
お気軽に、ご連絡下さい。
【ご連絡先】
パソコンGPSニュース編集部
gps@spa-japan.co.jp






▼――――――――――――――――――――――――――――――▼
このメールは、弊社にご注文やお問い合わせをいただいたお客様、あ
るいは、以下のメルマガ発行システムでご購読を登録いただいたお客
様にのみ、お送りしております。
・マグマグ        http://www.mag2.com/
・Pubzine  http://www.pubzine.com/
・マッキー        http://macky.nifty.com/


このメールが不要なお客様は、お手数ですが、件名に「停止」と書い
て、このメールにご返信下さい。
なお、メルマガ発行システムで登録されたお客様は、こちらからは、
解除できませんので、申し訳ありませんが、以下のページで、購読の
解除をお願いいたします。
http://www.spa-japan.co.jp/News/Index.html






■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
           株式会社システムプロデューサアソシエイツ
                   パソコンGPSショップ
                パソコンGPSニュース編集部
    〒141−0032 東京都品川区大崎3−6−31,501
              TEL:03−5759−2570
              FAX:03−5759−2577
                 http://www.spa-japan.co.jp/
              E−mail:gps@spa-japan.co.jp
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


パソコンGPSショップ
株式会社 システムプロデューサアソシエイツ
〒141-0032 東京都品川区大崎3-6-31,501
TEL:03-5759-2570,FAX:03-5759-2577
E-mail:gps@spa-japan.co.jp

Up Home Next