パソコンGPSニュース

パソコンGPSショップ のメールニュースです。

月に一度の割合で発行しています。
決してボリュームはありませんが、 パソコンGPSショップ
では扱っていないGPSレシーバの記事や、
あるいは、ニュースメールだけの特価品情報もあります。
配信を希望される方は、 こちらで お申し込み下さい。

2000.4.15号
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


         パソコンGPSニュース  2000/04/15号
           株式会社  システムプロデューサアソシエイツ


              【第11号、発行部数:1471部】


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


みなさん、
こんにちは。いよいよ4月です。
新しいスーツに身を包んだ新入社員を多く見かける時期となりました。
みなさんのところは、いかがですか?
さて、パソコンGPSニュース最新号をお届けいたします。






■目次――――――――――――――――――――――――――――■
|1.HGR1用マグネット台座(?)作りましたが...
|2.時刻同期専用GPSレシーバ GT−77 新発売!!
|3.MPminiUSB版できました。
|4.【連載】小林さんのGPS日記(7)
|

|
|
□Navin’You用GPSレシーバである「HGR1」の
|マグネット台座(?)を作ったのですが、発売の前に、
|実験を行いたいと担当者が申しております。
|その、ご協力のお願いです。
|ぜひ、読んであげて下さい。m(__)m
|
□時刻同期専用GPSレシーバとして、評判の高かった「GT−74」
|の後継機がいよいよ新発売となりました。
|時刻同期用として、ますます磨きが掛かってきた「GT−77」に
|ついてレポートいたします。
|
□「思っていたより、ずっとかわいくてステキ」との御感想を
|いただいている「MPmini」にUSB版ができました。
|【HOBBYコーナー】も、ますます充実してきました。
|
□好評連載中の「小林さんのGPS日記」
|今回は、本当に「史上最強のパソコンGPS」のお話です。
|
|では、本号も最後までごゆっくりとご覧下さい。






▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
1.HGR1用マグネット台座(?)作りましたが...
  [実験にご協力下さい]


弊社の物好きな担当者が、HGR1用のマグネット台座を作りました。
といっても、作ったのは、ネジ1つなのですが...。


このネジを、IPS−5200用の車載用アンテナ取付マグネットに付
けると、HGR1が、その上についてしまうという...。
なんというか、一種のシャレというか、キワモノというか...。
担当者だけは、「わざわざ中国まで行って作らせた、今年の我が社最大
のヒット商品だ!!」と意気軒昂です。


もう一度、取付方法をご説明しますと、
(1)IPS−5200用の車載用アンテナ取付マグネットのネジ部に、
   HGR1用アタッチメント(!?)をねじ込みます。
   (HGR1用アタッチメントの逆側は、HGR1用ネジになって
   います)
(2)HGR1の裏のシューを取り外し、本体の空いた穴を、HGR1
   用アタッチメントのHGR1用ネジにねじ込みます。


これで、後は、車載用アンテナ取付マグネットを、HGR1ごと、車の
屋根やガラス面に取り付ければOKというわけです。


もちろん、HGR1は防水ではありませんので、常に屋外へ出しておく
ことはできません。その点は、お客様に充分に納得していただいた上で、
ご使用をお願いするということになります。


さて、その販売を検討していた時なのですが、突然、我が社の責任者が
「この商品は問題有り!!」と言い出したのです。


問題あることは、最初からわかってるワイ。なのですが、一応、意見だ
けは、聞いてやろうではないかと、身構えていると、


「雨が掛かると使用できないなんていう問題は、[日本晴れ専用マグネ
ット台座]とかいう商品名(!?)にすれば、たちどころに解決するが、
(オイオイ)取り付けていて、走行中に、HGR1がどっかにイッチま
ったらどうするんだ。
マグネット自体は、IPS−5000の時代からあるので問題ないとし
ても、HGR1の穴がどっかへイッチまったらどうするんヤ!!」
とのことなのです。
穴がどっかへイッチまう(?)という意味は、あまりにも深すぎて、私
には、よくわかりませんが、いずれにしても、発売前に強度試験をしよ
うじゃないかということに、急遽決定いたしました。


試験の内容は次のようなものです。
●HGR1のケースに、HGR1用アタッチメントとIPS−5200
 用の車載用アンテナ取付マグネットを取り付け
 (a)引っ張り試験
 (b)曲げ試験
 (c)回転を与えてのトルク試験
 を行う。


もちろん、ケースがこわれるまで行う、いわゆる破壊試験です。


そこで皆様にお願いなのですが、この強度試験にご協力いただける学校
さん、あるいは、研究所さんといったところはないでしょうか?


条件は
(a)関東近郊で
(b)上記の試験が行える設備のある
ところです。


HGR1用のケースや、HGR1アタッチメントおよびIPS−520
0用取り付けマグネット等の材料はすべて当方で用意させていただきま
す。
弊社の担当者が、材料を持ってお伺いしますので、その場で試験をして
いただければ、結構です。
試験をしていただいたところには、若干ではございますが、お礼をさせ
ていただきます。


この試験を行わない限り、「世紀の新商品」の発売もできないというこ
とで、担当者からも、切に皆様にお願いして欲しいと頼まれております。
お心当たりの方がおられましたら、「パソコンGPSニュース編集部」
宛に、ご連絡いただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。


=ご連絡先=
パソコンGPSニュース編集部
gps@spa-japan.co.jp






▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
2.時刻同期専用GPSレシーバ GT−77 新発売!!


時刻同期専用GPSレシーバとして、評判の高かったGT−74の後継
機が、いよいよ「GT−77」として新発売されました。
http://www.rakuten.co.jp/gps/387357/390207/


GPSレシーバは、測位中は、GPS衛星の原子時計にほぼ同期してし
ます。精度は非常に高く、±数100ナノ秒といわれており、この時計
機能を利用して、パソコン等の時刻合わせを行おうというものです。


GT−77は、GPSレシーバからの測位データ(NMEA−0183)
と、1秒毎に出力されるパルス(1PPS)が同期しています。
従って、測位データから時刻情報を取得した後、1PPSに合わせて、
時刻同期することができます。


ちなみに、弊社で発売しているGPSレシーバの中で、1PPSを出力
するものは、色々とありますが、出力データと同期しているのは、
・ジュピター
http://www.rakuten.co.jp/gps/387357/387363/


・GT−77
のみです。


ジュピターは、同期しているのが、バイナリーメッセージだけですので
GT−77は、その点で使い易いということがいえます。
なお、GT−77の1PPSの精度は、±340ナノ秒です。


また、GT−77は、時刻同期専用GPSレシーバとして開発されてい
るため、次のような細かい機能を持っています。
(1)測位状態でないと1PPSを出力しない
(2)1衛星しか捕捉していない時でも、時刻同期が可能
   (位置固定モードの場合)
(3)衛星の異常をGPSレシーバ自身で検出し、排除する
   (TRAIMモード)
(4)アンテナケーブルの延長等で生じる1PPSの遅れを指定可能
(5)時刻同期に利用できる各種の独自コマンドとセンテンス


その上、GT−74は、単独測位のみ可能でしたが、GT−77では、
DGPS測位にも対応し、より、精度の高い時刻同期が可能となりまし
た。


パソコンGPSショップでも、GT−77に対応する
・延長用アンテナ
http://www.rakuten.co.jp/gps/387357/390207/390209/


・DGPSレシーバ
http://www.rakuten.co.jp/gps/387357/390207/390258/


等を用意させていただきました。
また、Windows95/98で使用できる、
・時刻同期用のサンプルプログラム
http://www.rakuten.co.jp/gps/387357/390207/390263/


もご用意させていただいております。
もちろん、すべてのソースコード付きです。


GPSを測位のみでなく、時計替わりに使う時代がいよいよ到来!!
という感じですネ。






▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
3.MPmini USB版できました。


先日、MP3プレーヤ「MPmini」を御購入のお客様より、次のよ
うなメールを届きました。


「昨日商品を受け取りました。
 予想以上の可愛さに満足しています。
 ありがとうございました」


ワオー、こちらこそ、本当にありがとうございました。
このようなメールをいただくと、私たちも元気100倍。
ますます、良い商品を皆様にお届けしなければと、決意を新たにいたし
ました。



さて、そのMPminiですが、音楽を保存するMMC(マルチメディ
アカード)のリーダライターとして、今までのパラレル接続に加え、U
SB接続版も、新発売となりました。
http://www.rakuten.co.jp/gps/380189/380191/#MPMINIUS


今までの、パラレル接続をお持ちのお客様向けに、MMCリーダライター
(USB)のみも発売しております。


今後も、GPSに負けずに【HOBBY コーナー】も充実させていた
だきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。








▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
4.【連載】小林さんのGPS日記(7)


みなさん、こんにちは。
SPAさんの仕入れ担当者は「根性」でIPS-5200を見つけてくれましたね。
(^^)v


IPS-8000が限定的なルートで出荷され始めていますが、価格や使い方を
考えるとIPS-5200はまだまだ一線で活躍するGPSでしょう。
IPS-5200がなぜこんなに優れているといわれているのか、受け売りなと
ころもありますが、少しうんちくを...


■IPS-5200は、何故優れているか
IPS-5200の大きさはやや大きい..というお話がありますが、GPSといえど
も受信機であることを忘れてはいけません。
アンテナは波長に対して適切な大きさ(開口面積)を必要とします。
短縮も可能ですが、過度の短縮は感度を低下させます。
技術的にはLNAと呼ばれるアンプでカバー出来ますが、実際は室内アンテ
ナで写りの悪いTVにブースターを入れてもあまり効果がなく、屋外に多
素子のアンテナと合わせてブースターを使うと良くなることと同じで、
ブースタで必ずしも改善できるわけではありません。


GPSアンテナはセラミックの上に金属箔を置いたパッチアンテナとなって
います。
カーナビでよく使われていますが、このアンテナ、実は車のボディに置
いて初めてベストな動作となるように設計されるのが普通で、手持ちに
するには必ずしも良好な状態ではありません。
しかし、IPS-5200では用途から内部のグランドなど、GPSの受信がバラン
スよく行えるようにハード的に工夫され、その結果、感度がよいという

評価となっているのですね。


余談ですが、GM-38の場合には内部のシールドケースがIPS-5200同様にう
まくグランド効果を出しているようです。
また、ソニーのNavin'You 4.0付属のHGR1Sの場合、アンテナ位置の裏面
に500円玉を両面テープで貼ると受信感度が上がるというレポートをFGPS
で見つけました。これもグランド板のことですね。HGR1Sが今ひとつと感
じている方はお試し頂ければと思います。


■プロアトラス2000DVDはベストバイ
プロアトラス2000DVDが発売されています。
プロアトラス97の頃にもDVDが発売されたとのことですが、当時は基本的
には各版を集めただけといった様子が強く、DVDの普及も今ひとつだった
ので人気爆発とはならなかったそうです。
プロアトラス2000DVDは地域がシームレスに扱え、地図データ+コンテン
ツもソフトもすばらしい出来です。
FGPSでは、プロアトラス2001のモニター利用も始まるようです。
DVD版もどのように機能強化されているか楽しみですね。


さて、実は私も、地図情報をVisual Basic6とDBで組み合わせた簡単なシ
ステム作りにチャレンジしています。
プロアトラスの特徴でマップサーバ、OLEオートメーションでの連携があ
り、あの価格で、そんな機能を備えた地図が使えるなんて、うれしい限
りです。


ただし、OCX(ActiveX)の利用では業務用に使用する場合は、開発キッ
トを購入する必要があります。
テストやアマチュアの開発には試用を目的としたOCXのライセンスがアル
プス社よりFGPSの5番ライブラリに提供されていますので利用可能です。
アルプス社 http://www.alpsmap.co.jp
FGPS http://www.nifty.ne.jp/forum/fgps


皆様もよろしければ、挑戦してみて下さい。


ということで、今回は、「史上最強のパソコンGPS」は、
IPS−5200+プロアトラス2000(2001)DVDに決定!!
ということで、終わりたいと思います。
では、さようなら。


[小林  一]






▼――――――――――――――――――――――――――――――▼
パソコンGPSニュースへの投稿や、GPSを利用したシステムのご紹
介等を募集しております。
お気軽に、ご連絡下さい。
【ご連絡先】
パソコンGPSニュース編集部
gps@spa-japan.co.jp






▼――――――――――――――――――――――――――――――▼
このメールは、弊社にご注文やお問い合わせをいただいたお客様、あ
るいは、以下のメルマガ発行システムでご購読を登録いただいたお客
様にのみ、お送りしております。
・マグマグ        http://www.mag2.com/
・Pubzine  http://www.pubzine.com/
・マッキー        http://macky.nifty.com/


このメールが不要なお客様は、お手数ですが、件名に「停止」と書い
て、このメールにご返信下さい。
なお、メルマガ発行システムで登録されたお客様は、こちらからは、
解除できませんので、申し訳ありませんが、以下のページで、購読の
解除をお願いいたします。
http://www.spa-japan.co.jp/News/Index.html






■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
           株式会社システムプロデューサアソシエイツ
                   パソコンGPSショップ
                パソコンGPSニュース編集部
    〒141−0032 東京都品川区大崎3−6−31,501
              TEL:03−5759−2570
              FAX:03−5759−2577
                 http://www.spa-japan.co.jp/
              E−mail:gps@spa-japan.co.jp
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


パソコンGPSショップ
株式会社 システムプロデューサアソシエイツ
〒141-0032 東京都品川区大崎3-6-31,501
TEL:03-5759-2570,FAX:03-5759-2577
E-mail:gps@spa-japan.co.jp

Up Home Next