Sorry, this page is Japanese only.
since 1994/04 <信頼と実績のGPS販売の老舗>
[最終更新 :2011/5/2 ]
SPAホーム > パソコンGPSニュース > バックナンバー


パソコンGPSニュース
第236号【2011/04/15】
地図ビジネスはどこへ向かうのか?

■目次
0.MapSource【日本航海参考図】Ver.11出荷開始
1.地図ビジネスはどこへ向かうのか?


■記事

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

       パソコンGPSニュース 第236号
     株式会社 システムプロデューサアソシエイツ
       【2011/04/15、発行部数:30,028部】

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□





みなさん
こんにちは。





3月11日(金)の東日本大震災により、
被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、
心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。





####
先月の東日本大震災以来自粛しておりましたメルマガを
再開させていただきます。



・パソコンGPSニュース最新号
最後まで、ごゆっくりとご覧ください。





 
****************************************************************
* MapSource【日本航海参考図】
* 2011年度版:Ver.11
* 出荷開始です!
http://item.rakuten.co.jp/gps/rgrm-msjdv-bc/
http://store.shopping.yahoo.co.jp/gps/ygrm-msjdv-bc.html
*
*
*
* 出荷開始を記念して、期間限定1割引セール開催中♪
*
*
*
* 安心パックも同様に、ズバリ1割引です。
* お得なお支払いの併用も可能!
*
*
*
* ・GPSmap62SJ【日本語版】
http://item.rakuten.co.jp/gps/c/0000001383/
http://store.shopping.yahoo.co.jp/gps/bcde2cc5bc2.html
*
* eTrexVentureHC【日本語版】
http://item.rakuten.co.jp/gps/c/0000000169/
http://store.shopping.yahoo.co.jp/gps/cbdcc2cea1.html
* eTrexLegendHCx【日本語版】
http://item.rakuten.co.jp/gps/c/0000000166/
 
▽――――――――――――――――――――――――――――――▽
1.地図ビジネスはどこへ向かうのか?



いうまでもなく、デジタル地図はビッグコンテンツです。

大手地図メーカは、各地に調査員を駐在させ、
地図の更新に日々励んでいます。

メンテナンスコストは、膨大なものがあり、
回収するために、市販ソフトの価格は、年々上昇を続けてきました。



しかし、このビジネスモデルは、GoogleMapの登場により
突然、大きく変わりました。

エンドユーザは、GoogleMapにより、質の良い地図を
「タダ」で見ることが出来るようになったのです。



もちろん、「タダ」は、ユーザだけであり
地図を提供するポータルサイトは、
少なくない額の権利料を地図メーカに払っています。

一方、個人ユーザを主体とした地図ソフト市場は、
急激にシュリンクし、従って
大手ポータルサイトや、
携帯電話/PND/GPSメーカ等に採用された地図は大きく伸張し
そうでない地図は、低迷するという二極分化が起きました。

さらに、
大手ポータルサイトや、携帯電話/PNDメーカによる地図の囲い込みも生じ、
その結果、地図メーカは再編成されました。



現在では、世界で(あるいは日本でも)、
地図メーカは数社に寡占化される傾向にあります。





パソコン用地図ソフトに代表される、第一世代のデジタル地図ビジネス。
GoogleMap以降の、タダで地図が見られる環境下での、
第二世代のデジタル地図ビジネス。

今後はどのように動いていくのでしょうか?





3月の最初の土曜日、赤坂で小さなシンポジウムが開かれました。
その席上
「YahooJapanは、OpenStreetMapに、YaooJapanが持つ地図資産を提供する」
という発表がなされ、大きな衝撃を与えました。



OpenStreetMapは、2004年にSteve Coast氏が英国で始めた
オープンソースで地図を作るプロジェクトです。

「誰でも自由に参加し、誰でも自由に編集し、誰でも自由に利用できる」
をモットーとしており、現在では、全世界で37万人もの参加者がいます。



GoogleMapは、自由に見ることができますが、利用や加工にあたっては
様々な制約があります。
例えば、オフラインで動くカーナビにGoogleMapを利用することは
難しいといわざるを得ません。

OpenStreetMapは、誰でも自由に利用できるので、基本的には
ライセンスの表示さえすれば、PNDメーカが、自社のパーソナルナビに
OpenStreetMapを採用することは、正規のこととして行えます。

しかも、無料です。



OpenStreetMapは、ライセンスフリーを徹底するため、
地図造りは、参加者が、GPSレシーバを使用して行います。

GPSで取得した軌跡を、GPXファイルでOpenStreetMapに読み込み
それをなぞって道路を書きます。

私も、作成してみましたが
自分の軌跡から地図を作成するのは、なかなか楽しいものです。

GpsMap62SJ
http://item.rakuten.co.jp/gps/c/0000001382/
http://store.shopping.yahoo.co.jp/gps/bcde2cc5bc2.html
を使って軌跡の収集をしましたが、
ほとんどの場所で、地図造りに使える精度があるのには、
ビックリしました。





とはいっても、これで、全世界の地図を作るのは、正直言って大変です。



そこで、この運動に賛同した幾つかの会社が、
下絵としてのデータを提供し始めました。

例えば、マイクソフト社は、Bingの航空写真を下絵として提供しています。
Bingの航空写真は、地域によっては、
人が点で見えるほどの詳細度があるといわれています。



さらに、地図データそのものを提供する会社も現れました。

米国のTIGER(国勢調査局)、カナダのGeoBase、オランダのAND
といったところです。

オランダの地図は精緻で、公園の歩道まで入っており、
市販の地図より質が高いといわれています。



そうした流れの中での、冒頭のYahooJapanの発表です。



YahooJapanの地図資産は、旧アルプス社の地図データであり、
これがOpenStreetMapにすべてインポートされたら、
かなりのレベルのデジタル地図になるだろうと予想されます。

シンポジウムの参加者が大きな衝撃をうけたのも、うなずけます。





現在、自社製品に地図を採用しようとしたら
半端でない金額の費用を覚悟しなければなりません。

また、費用は最初だけでなく、
毎年、地図を更新する度に必要となります。



こうした理由で、
地図付きの商品開発に二の足を踏んでいたメーカも多いと思いますが
このような目的には、OpenStreetMapは、フィットすると考えられます。





もちろん、地図メーカが、多額の費用を請求するには
それなりの理由があります。
自社の組織だけで、地図の高い品質を維持するのは
大変なことでしょう。

それに対して、OpenStreetMapは、
世界中の数多くの善意の参加者の努力で、
きめの細かい地図を創り上げようとしています。





はたして、OpenStreetMapは、UNIXや、Wikipediaのように
成功するのか?

そして、オープン化の嵐を迎えた地図ビジネスは、
どのように変貌していくのか?



2011年は、この分野から目が離せません。





****************************************************************
*パソコンGPSショップのお得なお支払い方法をご利用下さい。
*
* 例:
* 1万円以上のお買い物の場合
* ・銀行振込で→500円お値引き
* ・代金引換で→250円お値引き
*
* 3万円以上のお買い物の場合
* ・銀行振込で→1500円お値引き
* ・代金引換で→750円お値引き
*
* 5万円以上のお買い物の場合
* ・銀行振込で→2500円お値引き
* ・代金引換で→1250円お値引き
*
* 10万円以上のお買い物の場合
* ・銀行振込で→5000円お値引き
* ・代金引換で→2500円お値引き
* お得です。
*
http://item.rakuten.co.jp/gps/c/0000001404/
http://store.shopping.yahoo.co.jp/gps/a4aac6c0a4.html
*
****************************************************************





▼――――――――――――――――――――――――――――――▼
・パソコンGPSショップの商品のご感想
・自作されたGPSを利用したシステムのご紹介
・パソコンGPSニュースへのご意見
等を広く募集しております。

採用させていただいた方には、編集部から、ささやかなグッズを
プレゼントさせていただきます。
どうぞ、お気軽に、ご連絡下さい。
【ご連絡先】
パソコンGPSニュース編集部
gps@spa-japan.co.jp





■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
                 
パソコンGPSニュース編集部
〒328-0024 栃木県栃木市樋ノ口町396-1
TEL:0282-20-0620, FAX:0282-20-0621
http://www.rakuten.co.jp/gps/
http://store.shopping.yahoo.co.jp/gps/index.html
E-mail:gps@spa-japan.co.jp
                   
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■








株式会社 システムプロデューサアソシエイツ
株式会社SPA ITセンター

〒328-0024 栃木県栃木市樋ノ口町396-1
TEL:0282-20-0620, FAX:0282-20-0621
http://www.spa-japan.co.jp/
E-mail:gps@spa-japan.co.jp