Sorry, this page is Japanese only.
since 1994/04 <信頼と実績のGPS販売の老舗>
[最終更新 :2013/06/24 ]
SPAホーム > FAQ > GARMIN(共通)


パソコンGPSショップ FAQ
【 gar002 】
Garmin社製ハンディGPS【日本語版】のファームウェア更新方法

■ ご質問
Garmin社製ハンディGPSレシーバ【日本語版】の
ファームウェア更新方法を教えて下さい。

■ 回答
0. 概要
1. eTrex10J/eTrex20J/eTrex30J【日本版】


 
【 概要 】
Garmin社製ハンディGPSレシーバ【日本版】の
ファームウェア(内部プログラム)は、ユーザが、
メーカWEBページから最新版をダウンロードして
更新することが出来ます。

更新方法は機器により異なります。

1.ファームウェアの更新を行うと、
 ・GPSレシーバの設定
 ・本体のメモリに記録されていた
  軌跡、ルート、ポイント等のユーザデータ
 は、すべて工場出荷状態に初期化(消去)されます。
 必要なデータは、事前にパソコン等に保存しておいて下さい。
2.ファームウェアの更新では、
 ・GPSレシーバにダウンロードされているMapSource(地図データ)の内容
 ・GPSレシーバにセットされているSD/マイクロSDカードの内容
 は、消去されません。


 
【 eTrex10J/eTrex20J/eTrex30J【日本版】 】
1.メーカWEBのダウンロード頁にアクセスする
 ・eTrex10J【日本語版】
http://www.iiyo.net/u_page/etrex10J_update.aspx
 ・eTrex20J【日本語版】
 ・eTrex30J【日本語版】
http://www.iiyo.net/u_page/etrex20J_update.aspx

2.頁の中程にある
 ・Download
 をクリックし、PCの適当なホルダーにダウンロードする。

4.ダウンロードしたファイル(zip)を解凍する。

5.GPSレシーバをPCに接続する。
 →PCに接続すると、GPSレシーバの電源が自動的に入り
  ドライバーのインストールが行われます。
  インストールが正常に終了すると、
  GPSレシーバは、PCの外部記憶デバイスとして認識されます。

6.ファイルエクスプローラーで
 先程解凍した中から、以下のファイルを
 GPSレシーバ内のホルダーへコピーする。
 ・GUPDATE.GCD
  →\Garminホルダー
 ・Japanese.gtt
  →\Garmin\Textホルダー

7.コピーが完全に終了したら、
 ・ハードウェアの安全な取り外し
 で、GPSレシーバをPCから取り外す。

8.GPSレシーバの電源を入れる。
 →電源が入ると、自動的に、
  ファームウェアの更新が行われます。
  これには、数分かかります。
  更新中は、絶対に、GPSレシーバの電源を切らないようにして下さい。

9.更新が終わると、GPSレシーバは、初期起動するので
 一旦電源を切ります。

10.GPSレシーバのマスターリセットを行います。
 マスターリセットの方法は、↓こちら。
http://www.spa-japan.co.jp/faq/faq_gar001.html#5
11.マスターリセットが終わると、GPSレシーバは、初期起動するので
 ・言語:日本語
 を選択します。
 
12.「メインメニュー」-「設定」-「プロパティ」
 で、ファームウェアバージョンが最新
 になっているか、確認します。
 例(2013/6/24現在)
 ・2.70・・・eTrex10J
 ・2.20・・・eTrex20J/30J
 ※2012/8/10現在









株式会社 システムプロデューサアソシエイツ
株式会社SPA ITセンター

〒328-0024 栃木県栃木市樋ノ口町396-1
TEL:0282-20-0620, FAX:0282-20-0621
http://www.spa-japan.co.jp/
E-mail:gps@spa-japan.co.jp